スタンドの紹介

仮設スタンド専用部材を使用することで、お客様のニーズに合った設計・施工を行っています。 常設スタンドとも遜色ない安全性を確保することができます。

小スペースで大人数を収容できるベンチタイプは国内トップのシェア50%を有しています。

近年、ニーズが高まっている個椅子タイプも保有しています。

仮設スタンド工事の経験を活かし、常設スタンドのご提案も致します

仮設スタンドの特長

  1. 優れた経済性
    シンプルかつ合理的な専用部材を組み合わせて簡単に設置・撤去ができるため、工期 が短くなり経済性にも優れています。
  2. 信頼のおける安全性
    専用部材を使用しいるため、50人程度の小規模から1万人を超える大規模スタンドまで、 高い安全性を有しています。
  3. 場所を選ばない自由な適応性
    さまざまな立地条件に対応した効果的な配置が可能です。
  4. 安全で使い勝手の良い客席
    恐怖感や物の落下を防ぐ『蹴込み板』、大規模スタンドでの観客動線を確保する『客席内階段』や『通路』など、安全で使い勝手の良い仮設スタンドに仕上げます。

仮設スタンドの主要部材は、スタンド枠・手摺枠・鋼製布板・座席で構成され、関連法規 (火災予防条例等) ・お客様目線の違いにより屋外用(700×300タイプ)、屋外・屋内用(900×400タイプ)、屋内用(900×200タイプ)の3タイプを用途の違いにより使分けています。